研究紹介

トップ研究紹介

石井キャンパス

昆虫生産分野

昆虫は新しいタンパク質資源として注目されています。モデル昆虫であるコオロギを用いて、発生を調節する遺伝子の働きや栄養機能性に関する研究を行います。成果を食用昆虫の生産性や機能性の向上に応用します。また、将来的なゲノム編集による育種を見据えて、発生や機能性などを制御するための技術開発を進めます。これらと並行して、食品残渣などを利用した飼料開発や、昆虫養殖の自動化などの研究を通じて、循環型タンパク質生産体制の確立と産業化を進めます。

 room.png
コオロギ養殖の基礎研究
powder.png
食用コオロギ粉末
koorogi.png
研究用フタホシコオロギ

食肉生産・加工分野

2020年2月に完成した畜産先端システム開発施設(実験豚舎)を中心に、アニマルウェルフェアに配慮した畜産システムの研究、プロバイオティクスを用いた腸内細菌叢の変化と育種・肉質向上に向けた研究、閉鎖型豚舎に置ける疾病防御に関する研究、農場成果物であるブタの機能性研究と、食肉加工品の開発に取り組んでいます。

生命医療分野

image6.png

臓器移植に提供される臓器の数は絶対的に不足しています。ブタは生理学的、解剖学的にヒトに近いことから、代替臓器または幹細胞由来の臓器再生動物として第一候補として考えられています。現在、ゲノム編集により膵臓欠損ブタ作製に成功した技術を活かして、ブタ体内で異種の臓器作製や疾病モデルブタ確立について取り組んでいます。 また、ブタを用いたメディカルトレーニングラボを実施しています。創薬・医療機器開発施設では、基本的な手術器具や無影灯システム、腹腔鏡システムやX線CTスキャン、外科用X線装置(Cアーム)などが設置されています。

植物生産分野

未来の農業では、環境に優しい農業や安全・安心な農産物の生産技術が必要になります。そこで、完全閉鎖型LED植物工場において、園芸作物または工芸作物の生育(栄養生長、生殖生長)や機能性成分の制御を行うことを目指しています。また、昆虫類や甲殻類などの小動物やバクテリアなどを含めた小さな人工生態系の構築について研究を進めています。将来的には、「宇宙における閉鎖系の自立循環型栽培システム(持続可能な農作物生産を可能にする水耕栽培システム)の開発」にチャレンジし、UV-LED養液殺菌技術や有機性廃棄物を有効利用するリサイクル技術の開発などを通して、地上でのイノベーションを起こしたいと考えています。

image21.png 水耕栽培棚.jpgspace_center.jpg

鳴門キャンパス

水産分野

様々な大型海藻をスクリーニングし、食用途となる新しい種類や有用な機能性成分の探索を行っています。海藻の生長や成分生産に特化した至適培養条件の検索、応用研究では実用化レベルでの陸上養殖システムの技術開発と取り組んでいます。
また、里海や里川の実現をめざし、地域のみなさん自身が生産性を高めるための技術開発を進めています。魚道工法の開発、徳島県沿岸に適合した海藻の海面養殖技術の開発とその生産品を使っての六次産業化の推進、そしてLEDを利用した水産資源増殖や新漁業の創出にもチャレンジしています。

image2_02.png

新野キャンパス

林産業分野

“樹木をつくる”“林産物を生活でつかう”“樹にもどす”という、「林業」と「林産業」の要である森林資源循環利用を、収益ある体系にするため、付加価値のある林産物を調製する研究を行っています。学問的基礎は、森林に生息するきのこの代謝科学です。木材を腐らせるきのこ等に、耐腐朽性の高い製材品を生む技術開発に取り組んでいます。きのこの香り、有用物質の含有量を、将来的にはゲノム編集により制御する基盤を作るため、代謝機構の解明を進めています。

image7.png

高大連携分野

世界的に、希少な植物の盗採掘があとを絶たない問題を受け、2015年に国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標の1つに「陸の豊かさも守ろう」があり、環境保全・保護活動への関心が高まっています。徳島県においては、県が絶滅危惧I類に指定した希少植物「イシマササユリ」の保護活動などが行われており、先駆けてササユリの培養・育成に取り組んだ新野高校(現:阿南光高校)によりバイオ球根が開発され、その球根の移植による保護活動や生態調査などが30年以上続けられています。そこで、県内のササユリなどの希少植物の貴重な遺伝資源を保護・利用することを目的とした高大連携による研究開発の推進を目指しています。また、高大連携については、農林水産業とその関連分野についての授業等も実施しています。

常三島キャンパス

創生工学分野

消費者ニーズに対応した安心・安全で高品質の植物生産システムの構築を目指して、時間分解能と空間分解能がともに高い精密環境モニタリングシステムの開発を進めています。また、人工知能を用いた気象予測に基づく環境制御システムおよび潅水制御システムの研究にも取り組んでいます。さらに、過重労働の負担軽減や労働力不足への対応として。防除、収穫、運搬などを自律的に行う農作業支援ロボットの設計・試作を行い、知的制御の研究も進めています。
また、マルチコプタ型ドローンや水上ドローンといった無人機システムの農業分野への応用を行います。プラットフォームとしての無人機開発をベースに、果樹一本単位での農薬散布、農作物の生育状況の計測、収穫した農作物の運搬、害鳥・害獣の追い払い、といった、スマート農業の要素技術実装を目指します。

image22_02.png

地域創生分野

地域に住む人々の暮らしを多様な面から豊かにすることを目的としています。その方法は多様であるため、教員それぞれの視点で実践的な取組みを進めています。近年「コミュニティ」は自立を求められており、「食」「環境」「一次産業」など全体をマネジメントし、「稼げる」地域社会づくりの構想と実践が重要となります。地域住民との意見交換やワークショップを通じて、住民の主体的な取り組みを育むプロセスデザインへのサポート、実際の「組織」作りを行い、持続可能な地域創成を目指します。

image25-1.jpg

出典)『熊本城東マネジメントアニュアルレポート2009-2010』(アドバイザーとして参画)より一部加筆修正

蔵本キャンパス

消化器内科分野

消化器癌の診断、治療に関わる新規手法の開発および消化器疾患の病態解明を目的とし、基礎研究もや臨床研究を進めています。研究テーマとしては、新規蛍光プローブを用いた消化器癌の内視鏡診断およびそれらの光治療への応用研究、大腸癌オルガノイドを用いた大腸発癌の機序の解析、大腸オルガノイドを用いた発癌予防薬の開発、膵癌と脂肪細胞の相互作用の解析、消化器癌に特異的に発現する分子の解析と新しい抗癌剤の開発、等々を行っています。

image24.png

image27.png

細菌・殺菌分野

食の安全安心を確保することを目標に、食中毒原因菌の病原性解析、食中毒の予防法の開発を中心に研究・開発を行っています。さらに腸内細菌の栄養管理への応用を目指した研究・開発を行っています。食中毒原因菌の病原性解析では、食中毒の発症機序にもとづいた特異的治療法の開発を目指しています。特に腸管細菌感染症による下痢疾患の治療には栄養補給も大切であり、抗生物質のみに頼らない治療法、予防法の開発を目指しています。また、食中毒の予防法の開発では、新しい食品等の殺菌法の開発を行い、実地(現場)への応用を検討しています。腸内細菌の栄養管理への応用として、ヒトの腸管の中には、1000種類以上の細菌が共生し腸内細菌叢を形成して、腸管における消化吸収障害などの様々な機能に関与していることが明らかとなっていますので、腸内細菌叢と栄養素の吸収分泌能の関係を明らかにし、栄養状態を改善させる方法の開発を目指しています。

生体栄養学分野

「宇宙生物学」は、地球を離れ、「宇宙」という空間で、生きもののあり方を解き明かそうとする学問ですが、特に、「重力」が生き物の体に与える影響に注目して研究をしています。ロケットに乗って宇宙に飛び出すと、そこは無重力の世界。地球上なら重力に引っ張られて机や床の上にとどまっているものが、全て浮き上がり、あたりを漂い始めます。そんな環境に宇宙飛行士が長期間滞在すると、筋肉や骨がぐんぐん衰弱し、地上に戻った時に自力で立てないことさえあります。なぜそんなことが起きるのか、無重力下で筋肉などが萎縮するメカニズムを解明し、その栄養学的予防法を開発しています。私の研究テーマです。また、宇宙生物学は、地上ではどうしても見えにくい生命の基本原理を浮き彫りにする可能性を秘めています。生命の謎が、宇宙から見えてくるのです。「宇宙生物学は、未来=高齢化社会の実験場」であり、その実用的な意義は、当然ながら重要で、これまでの成果として第三回宇宙環境利用大賞の文部科学大臣賞を授与されています。そして、徳島大学のシーズを結集した宇宙栄養研究センターを設置しました。「食事」の機能性を介して人類の宇宙探査や超高齢社会の我が国の福祉に貢献して行きます。

0.png